最近はゴールドカードもさまざまです。

ゴールドカードの特典は一般カードの数倍!

ゴールドカードとは、クラシックカードと呼ばれる一般カードよりも価値の高いサービスを付帯しています。一般カードでは利用できないサービスが提供されますが、年齢や年収などにより申し込みに制限をかけているものが多いです。

ゴールドカードで付帯する特典について

カードを選ぶうえで重要視するところは、空港のラウンジサービス、高額補償の海外旅行やショッピングの保険、高額補償だけでなくものによっては、手術、入院、通院も補償される国内旅行保険、旅行やエンターテイメント関連の優待割引、ポイントプログラム、金利手数料の優遇などが挙げられます。
優待サービスは、カード会社によって個性が表れるところですので、カードを選ぶ際には重要ポイントになると思われます。

ゴールドカードの審査について

日本で発行されるものの審査基準は、一般のカードと同様に年齢、年収、勤務先企業の規模や経営状況などをもとに行われますが、具体的な基準は各カード会社によって定められています。
年収に関しては、一般的には500万円以上とされていますが、最近では安定した継続的収入がある場合は申し込み可能なものもあります。また、年齢は原則30歳以上としている場合が多いです。

ヤングゴールドカードも魅力的です

しかし近年、年収500万円以上、30歳以上の入会基準を満たしていないものの、将来の会員候補と目される20歳代のヤングエグゼクティブを対象に発行されるヤングゴールドカードが注目を浴びています。特徴は、年会費は通常のカードよりも安価で、それに準ずる特典やサービスを受けることができます。通常30歳になった時に迎える初めてのカード更新時にほぼ無審査でゴールドカードに切り替えることができます。それまでに獲得したポイントは持ち越すことができます。
カード会社やサービスはさまざまですので、自分に合ったものを選ぶのが満足への近道です。”